2013-2015

2015年

原著論文

  1. Yabe, T., Hosoda-Yabe, R., Sakai, H., Kanamaru, Y., and Kiso, M.: Development of a photoreactive probe-based system for detecting heparin. Anal. Biochem., 472, 1-6, 2015. DOI:10.1016/j.ab.2014.11.007.
  2. Ben Othman, S., Katsuno, N., Kanamaru, Y., and Yabe, T.: Water-soluble extracts from defatted sesame seed flour show antioxidant activity in vitro. Food Chem.175, 306-314, 2015. DOI:10.1016/j.foodchem.2014.11.155.
  3. Matsuoka, T., Takasaki, A., Mishima, T., Kawashima, T., Kanamaru, Y., Nakamura, T., and Yabe, T.: Expression and characterization of honeybee, Apis mellifera, larva chymotrypsin-like protease. Apidologie, 46 (2), 167-176, 2015. DOI:10.1007/s13592-014-0313-2.
  4. Nishida, M., Murata, K., Oshima, K., Itoh, C., Kitaguchi, K., Kanamaru, Y., and Yabe, T.: Pectin from Prunus domestica L. promotes the secretion of Wnt3a from differentiated Caco-2 cells via cell-surface heparan sulfate thereby inducing proliferation of IEC-6 cells in co-culture. Glycoconj. J., 32, 153-159, 2015. DOI:10.1007/s10719-015-9588-4.
  5. Katsuno, N., Sakamoto, C., Yabe, T., Yamauchi, R., Nishizu, T., and Kato, K.: Methods for enrichment of γ-aminobutyric acid in sesame seeds. Food Sci. Tech. Res., 21 (6), 787-791, 2015.
  6. Yamagishi, M., Hosoda-Yabe, R., Tamai, T., Konishi, M., Imamura, A., Ishida, H., Yabe, T., Ando, H., Kiso, M.: Structure-activity relationship study of the neuritogenic potential of starfish ganglioside LLG-3. Mar. Drugs, 13, 7250-7274, 2015. DOI: 10.3390/md13127062.

著書

  1. Tomio Yabe and Nobuaki Maeda: Histochemical analysis of heparan sulfate 3-O-sulfotransferase expression in mouse brain., In “Glycosaminoglycans: Chemistry and Biology, Methods in Molecular Biology”, vol. 1229, eds. Kuberan Balagurunathan, Hiroshi Nakato, and Umesh R. Desai, Springer, New York, USA, pp. 377-387, 2015. (DOI: 10.1007/978-1-4939-1714-3_29) ISBN: 978-1-4939-1713-6.
  2. Mizuho Inagaki, Tomio Yabe, and Yoshihiro Kanamaru: The potential of cow’s milk proteins for prophylaxis against intestinal infection., In “Whey proteins: Functional properties, production and health benefits“, ed. Michelle Wyatt, NOVA Science Publishers, New York, USA, pp. 163-177, 2015. ISBN: 978-1-63463-116-7.
  3. 矢部富雄:4章食品成分の変化–1多糖類の変化,『新版 基礎食品学』遠藤泰志・池田郁男編著,アイ・ケイ コーポレーション,pp. 130-137, 2015. ISBN: 978-4-87492-333-7.

総説

  1. 矢部富雄:食物繊維ペクチンの未知の生理機能,Foods & Food Ingredients J. Jpn., 220 (2), 139-146, 2015.
  2. Sana Ben Othman and Tomio Yabe: Use of hydrogen peroxide and peroxyl radicals to induce oxidative stress in neuronal cells. Reviews in Agricultural Science, 3, 40-45, 2015. DOI:10.7831/ras.3.40.

書籍・雑誌記事

  1. 矢部富雄:他人の生き様に魅せられて,岐阜大学教育推進・学生支援機構編「小説を読もう!」教養ブックレット,Vol.8,pp.80-81,2015.

学会発表

  1. 宮竹瑞貴,深谷真一,山野裕,北口公司,矢部富雄:糖鎖認識1CF11モノクローナル抗体の高等霊長類特異的エピトープ構造の解析,第63回日本応用糖質科学会中部支部講演会,名古屋,2015年3月6日
  2. 小堺健生,西田光貴,北口公司,矢部富雄:ヘパラン硫酸糖鎖の硫酸化構造変化がもたらす生理機能の検証,日本農芸化学会2015年度大会,岡山,2015年3月27日
  3. 伊藤千弘,西田光貴,北口公司,植木章晴,石田秀治,木曽真,東恭平,戸井田敏彦,五十嵐一衛,森雄一郎,山元宏貴,伊神孝生,矢部富雄:食物繊維摂取による小腸絨毛伸長作用の機構解明,日本農芸化学会2015年度大会,岡山,2015年3月27日
  4. 石其慧太,北口公司,矢部富雄:ペクチンの炎症応答調節構造の探索,日本農芸化学会2015年度大会,岡山,2015年3月28日
  5. 石其慧太,北口公司,矢部富雄:食物繊維ペクチンの抗炎症活性部位の解析,第34回日本糖質学会例会,東京,2015年7月31日〜8月2日
  6. Keita Ishisono, Kohji Kitaguchi, and Tomio Yabe: Citrus pectin attenuates lipopolysaccharide-induced inflammatory responses in RAW264.7 macrophage cells, the 4th UGSAS-GU International Symposium 2015, Gifu, August 26th, 2015
  7. Sana Ben Othman, Nakako Katsuno, Makoto Fujimura, Kohji Kitaguchi, and Tomio Yabe: Neuroprotective effect of sesame seed water-soluble fraction: antioxidant and anti-apoptotic mechanisms, the 18th International Conference of Functional Food Center, Boston, MA, USA, September 15th, 2015
  8. 竹内まい子,大島和也,松岡拓磨,川島拓司,中村正,北口公司,矢部富雄:ローヤルゼリー由来ペプチドが誘導するアポトーシスと金属イオンの関係,2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会(中部支部第174回例会),富山,2015年9月20日
  9. 岩城佳那,矢部富雄,北口公司:ペクチンによる食物アレルギー調節機構の解析,2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会(中部支部第174回例会),富山,2015年9月20日
  10. Keita Ishisono, Kohji Kitaguchi, and Tomio Yabe: Citrus pectin attenuates septic shock by reducing gene expression of inflammatory cytokines in Peyer’s patch cells, 7th ACGG Annual Conference, Matsushima, November 12-15, 2015
  11. 桑江俊成,伊藤千弘,西田光貴,北口公司,矢部富雄:ペクチンによる腸管上皮細胞応答誘導機構の解析,糖鎖科学中部拠点第12回「若手の力」フォーラム,名古屋,2015年11月28日
  12. 宮竹瑞貴,深谷真一,山野裕,北口公司,矢部富雄:糖鎖認識1CF11モノクローナル抗体のエピトープ構造の解析,糖鎖科学中部拠点第12回「若手の力」フォーラム,名古屋,2015年11月28日
  13. 岩城佳那,矢部富雄,北口公司:シトラスペクチンの摂取が食物アレルギー病態に及ぼす影響の解析,平成27年度日本食品科学工学会中部支部大会,名古屋,2015年12月5日【「優秀賞」受賞】

招待講演

  1. 矢部富雄:ペクチンや澱粉等の多糖類の新たな機能性について,第55回澱粉研究懇談会,静岡県伊東市,2015年6月5日
  2. Tomio Yabe: Physiological function of the dietary fiber for intestinal epithelial cells in human, the 4th UGSAS-GU International Symposium 2015, Gifu, August 26th, 2015

特許

  1. 矢部富雄:グリコサミノグリカンの検出法及びそのための分子プローブ,【特許番号】第5723285号,平成27年4月3日
  2. 矢部富雄,金丸義敬,松岡拓磨,渡邉鈴代,川島拓司,中村正:上皮細胞の増殖促進方法,及び上皮細胞の増殖促進剤,【特許番号】第5791066号,平成27年8月14日

社会活動

  1. 【出前講義】矢部富雄:愛知県立豊橋南高等学校,「ネバネバのひみつ」,豊橋,2015年5月29日
  2. 【学部紹介】矢部富雄:愛知県立旭野高等学校,尾張旭,2015年7月29日
  3. 【学部紹介】矢部富雄:名古屋市立桜台高等学校,名古屋,2015年10月27日
  4. 【市民講座】矢部富雄:平成26年度岐阜フィールド科学教育研究センター公開講座・食と緑と命の学校(JAぎふ・岐阜大学共催),乳製品の知恵としくみ,岐阜大学,岐阜,2015年1月27日
  5. 【市民講座】矢部富雄:平成27年度岐阜フィールド科学教育研究センター公開講座・食べられる生命−肉と卵と牛乳の科学と実際−,アイスクリームとヨーグルト,岐阜大学,岐阜,2015年10月17日

2014年

原著論文

  1. Nishida, M., Murata, K., Kanamaru, Y., and Yabe, T.: Pectin of Prunus domestica L. alters sulfated structure of cell-surface heparan sulfate in differentiated Caco-2 cells through stimulation of heparan sulfate 6-O-endosulfatase-2. Biosci. Biotechnol. Biochem., 78 (4), 635-643, 2014. DOI:10.1080/09168451.2014.891937.
  2. Nishida, M., Kozakai, T., Nagami, K., Kanamaru, Y., and Yabe, T.: Structural alteration of cell surface heparan sulphate through the stimulation of the signalling pathway for heparan sulphate 6-O-sulphotransferase-1 in mouse fibroblast cells. Biosci. Biotechnol. Biochem., 78 (5), 770-779, 2014. DOI:10.1080/09168451.2014.905178.
  3. Inagaki, M., Muranishi, H., Yamada, K., Kakehi, K., Uchida, K., Suzuki, T., Yabe, T., Nakagomi, T., Nakagomi, O., and Kanamaru, Y.: Bovine κ-casein inhibits human rotavirus (HRV) infection via direct binding of glycans to HRV. J. Dairy Sci., 97 (5), 2653-2661, 2014. http://dx.doi.org/10.3168/jds.2013-7792

学会発表

  1. 桑江俊成,中野由梨,北口公司,矢部富雄:食品多糖類による細胞表面ヘパラン硫酸糖鎖構造変化の誘導機構の解明,第62回日本応用糖質科学会中部支部講演会,名古屋,2014年3月7日【「プレゼンテーション賞」受賞】
  2. 西田光貴,村田一馬,森雄一郎,山元宏貴,伊神孝生,北口公司,金丸義敬,矢部富雄:小腸上皮様細胞表面のヘパラン硫酸糖鎖にペクチンが与える影響の解明,日本農芸化学会2014年度大会,東京,2014年3月28日
  3. 小堺健生,西田光貴,北口公司,金丸義敬,矢部富雄:FGFを用いたヘパラン硫酸糖鎖の構造変化検出法の開発,日本農芸化学会2014年度大会,東京,2014年3月29日
  4. 山岸愛実,矢部(細田)律子,玉井秀樹,小西美紅,今村彰宏,矢部富雄,安藤弘宗,石田秀治,木曽真:神経突起伸展活性をもつガングリオシドLLG-3の構造活性相関研究2,日本農芸化学会2014年度大会,東京,2014年3月29日
  5. 山田佳太,栢原春奈,稲垣瑞穂,木下充弘,金丸義敬,鈴木徹,矢部富雄,中込とよ子,中込治,掛樋一晃:ロタウイルスエントリー機構の解明に向けたグライコミクス,日本薬学会第134年会,熊本,2014年3月27日-30日
  6. 伊藤千弘,石川愛美,植木章晴,石田秀治,北口公司,矢部富雄:食物繊維によって小腸絨毛が伸長する際のポリアミンの役割,東京慈恵会医科大学学外共同研究シンポジウム「ポリアミンと核酸の共進化」第13回合同シンポジウム,東京,2014年6月28日
  7. Tomio Yabe, Mitsutaka Nishida, Kazuma Murata, Kazuya Oshima, Kohji Kitaguchi, Yoshihiro Kanamaru: Pectin alters sulfated structure of cell-surface heparan sulfate in differentiated Caco-2 cells thereby inducing proliferation of IEC-6 cells in co-culture, Gordon Research Conference 2014 Proteoglycans, Andover, NH, USA, July 6-11, 2014.
  8. Sana Ben Othman, Nakako Katsuno, Kohji Kitaguchi, and Tomio Yabe: Water-soluble extracts from defatted sesame seed flour with antioxidant activity in vitro protect cells against oxidative stress, The 3rd UGSAS-GU Symposium 2014, Gifu, August 5, 2014.
  9. 山田佳太,栢原春奈,木下充弘,稲垣瑞穂,矢部富雄,中込治,中込とよ子,坂崎文俊,閔庚善,掛樋一晃:ロタウイルスエントリー機構の解明に向けたグライコミクスの展開,第33回日本糖質学会年会,名古屋,2014年8月10日
  10. 西田光貴,村田一馬,本田明里,北口公司, 森雄一郎,山元宏貴,伊神孝生,矢部富雄:ペクチンによる分化Caco-2細胞表面ヘパラン硫酸糖鎖構造変化の分子機構,第33回日本糖質学会年会,名古屋,2014年8月12日
  11. Sana Ben Othman, Nakako Katsuno, Makoto Fujimura, Kohji Kitaguchi, and Tomio Yabe: Water-soluble fractions from defatted sesame seed flour protect cells against oxidative stress, 日本農芸化学会中部支部第171回例会,名古屋,2014年10月11日
  12. 石其慧太,北口公司,矢部富雄:ペクチンによる抗炎症作用機構の解析,日本農芸化学会中部支部第171回例会,名古屋,2014年10月11日【「学術奨励賞」受賞】
  13. 宮本茉由,北口公司,森雄一郎,山元宏貴,伊神孝生,矢部富雄:フィブロネクチンと相互作用するペクチン分子内構造の解析,日本食物繊維学会第19回学術集会,東京,2014年11月29日
  14. 金城侑馬,松岡拓磨,川島拓司,中村正,北口公司,矢部富雄:ローヤルゼリー由来タンパク質中のペプチドの生理機能,平成26年度日本食品科学工学会中部支部大会,名古屋,2014年12月13日

社会活動

  1. 【出前講義】矢部富雄:愛知県立昭和高等学校,ネバネバのひみつ,名古屋,2014年10月1日
  2. 【市民講座】矢部富雄:平成25年度岐阜フィールド科学教育研究センター公開講座・食と緑と命の学校(JAぎふ女性部・岐阜大学共催),乳製品の知恵としくみ,岐阜大学,岐阜,2014年1月28日
  3. 【市民講座】矢部富雄:HAPPY DAY(親子イベント)〜家族っていいなぁ〜「不思議サイエンスショー 食べ物を使っておもしろ実験!」,岐阜市女性センター,岐阜,2014年11月8日
  4. 【市民講座】矢部富雄:岐阜大学公開講座・食べられる生命−肉と卵と牛乳の科学と実際−,岐阜フィールド科学教育研究センター,岐阜大学,岐阜,2014年11月15日
  5. 【テレビ出演】矢部富雄:NHK「あさイチ」スゴ技Q・世界のワザに学ぶ!オクラパワー徹底活用術,2014年7月22日

2013年

原著論文

  1. Inagaki, M., Yamamoto, M., Cairangzhuoma, Xijier, Yabe, T., Uchida, K., Kawasaki, M., Nakagomi, T., Nakagomi, O., Minamoto, N., and Kanamaru, Y.: Multiple dose therapy with bovine colostrum confers significant protection against diarrhea in a mouse model of human rotavirus-induced gastrointestinal disease. J. Dairy Sci., 96 (2), 806-814, 2013.
  2. Cairangzhuoma, Yamamoto, M., Muranishi, H., Inagaki, M., Uchida, K., Yamashita, K., Saito, S., Yabe, T., and Kanamaru, Y.: Skimmed, sterilized, and concentrated bovine late colostrum promotes both prevention and recovery from intestinal tissue damages in mice. J. Dairy Sci., 96 (3), 1347-1355, 2013.
  3. Cairangzhuoma, Yamamoto, M., Xijier, Inagaki, M., Uchida, K., Yamashita, K., Saito, S., Yabe, T., and Kanamaru, Y.: A preparation of cow’s late colostrum fraction containing as1-casein promoted the proliferation of cultured rat intestinal IEC-6 epithelial cells. Biosci. Biotechnol. Biochem., 77 (5), 992-997, 2013.
  4. Hara, Y., Mizukawa, H., Yamamoto, H., Ikami, T., Kato, K., and Yabe, T.: Simple method for refining arabinan polysaccharides by alcohol extraction of the prune, Prunus domestica L. Biosci. Biotechnol. Biochem., 77 (10), 2137-2139, 2013. https://www.jstage.jst.go.jp/article/bbb/77/10/77_130392/_article

学会発表

  1. 小堺健生,西田光貴,金丸義敬,矢部富雄:ファージディスプレイ法によるヘパラン硫酸に特異的なペプチドプローブの探索,第61回日本応用糖質科学会中部支部講演会,名古屋,2013年3月1日【「プレゼンテーション賞」受賞】
  2. 稲垣瑞穂,大野翔平,山田佳太,高橋毅,矢部富雄,鈴木徹,中込とよ子,中込治,金丸義敬:牛乳ラクトフォリンの示すユニークなヒトロタウイルス感染阻害作用,「新興・再興感染症の克服に向けた研究環境整備」感染症若手フォーラム,北海道北広島,2013年3月2日,講演要旨集p.46
  3. 稲垣瑞穂,栗本聖羅,山田佳太,内山昇,矢部富雄,中込とよ子,中込治,金丸義敬:ロタウイルスを経口感染させた乳飲みマウスの糞便に含まれるウイルス抗原の定量,日本農芸化学会2013年度大会,仙台,2013年3月26日
  4. 大野翔平,稲垣瑞穂,山田佳太,矢部富雄,鈴木徹,松田幹,高橋毅,杉山誠,中込とよ子,中込治,金丸義敬:牛乳ラクトフォリンは細胞内在化を介して感染細胞のウイルスタンパク質合成を阻害する,日本農芸化学会2013年度大会,仙台,2013年3月26日
  5. 大島和也,松岡拓磨,中村正,金丸義敬,矢部富雄:ローヤルゼリー由来タンパク質中の酸化型トリプトファンの生理機能,日本農芸化学会2013年度大会,仙台,2013年3月26日
  6. 山岸愛実,矢部(細田)律子,玉井秀樹,小西美紅,今村彰宏,矢部富雄,安藤弘宗,石田秀治,木曽真:神経突起伸展活性をもつガングリオシドLLG-3の構造活性相関研究,日本農芸化学会2013年度大会,仙台,2013年3月26日
  7. 西田光貴,永見圭太郎,金丸義敬,矢部富雄:ヘパラン硫酸6位硫酸基転移酵素の発現を誘導するシグナル伝達経路の解明,日本農芸化学会2013年度大会,仙台,2013年3月26日
  8. 纐纈洋平,松下裕昭,小林万木夫,金丸義敬,矢部富雄:フィブロネクチンによる大豆ペクチンの構造認識機構の解明,日本農芸化学会2013年度大会,仙台,2013年3月26日
  9. 山田佳太,栢原春奈,稲垣瑞穂,金丸義敬,矢部富雄,鈴木徹,中込治,中込とよ子,木下充弘,掛樋一晃:ヒトロタウイルス感染機構の解明に向けたグライコミクス解析,第32回日本糖質学会年会,大阪,2013年8月5日,要旨集p.47
  10. 山岸愛実,矢部(細田)律子,玉井秀樹,小西美紅,今村彰宏,矢部富雄,安藤弘宗,石田秀治,木曽真:神経突起伸展活性をもつガングリオシドLLG-3の構造活性相関研究,第32回日本糖質学会年会,大阪,2013年8月7日,要旨集p.153
  11. 西田光貴,村田一馬,金丸義敬,矢部富雄:小腸上皮細胞表面ヘパラン硫酸のペクチンに対する応答,第32回日本糖質学会年会,大阪,2013年8月7日,要旨集p.170
  12. Tomio Yabe, Ritsuko Hosoda-Yabe, Hiroki Sakai, Yoshihiro Kanamaru, Makoto Kiso: Developing a novel detection system for glycosaminoglycans by using photo-reactive probe, 8th International Conference on Proteoglycans, Frankfurt/Main, Germany, August 25-29, 2013, Abstract p.67
  13. Mitsutaka Nishida, Keitaro Nagami, Yoshihiro Kanamaru, Tomio Yabe: Expression of heparan sulfate 6-O-sulfotransferase-1 is stimulated by adrenaline via Src-ERK signaling pathway in L-M cells, 8th International Conference on Proteoglycans, Frankfurt/Main, Germany, August 25-29, 2013, Abstract p.86
  14. 西田光貴,村田一馬,伊藤千弘,本田明里,矢部富雄:小腸上皮様細胞表面ヘパラン硫酸のペクチンに対する応答,糖鎖科学中部拠点第11回「若手の力」フォーラム,名古屋,2013年9月9日
  15. 村田一馬,本田明里,矢部富雄:小腸上皮様細胞表面ヘパラン硫酸のペクチンによる構造変化と機能解析,糖鎖科学中部拠点第11回「若手の力」フォーラム,名古屋,2013年9月9日
  16. 山岸愛実,矢部(細田)律子,玉井秀樹,小西美紅,今村彰宏,矢部富雄,安藤弘宗,石田秀治,木曽真:神経突起伸展活性をもつガングリオシドLLG-3の構造活性相関研究,糖鎖科学中部拠点第11回「若手の力」フォーラム,名古屋,2013年9月9日
  17. 大野翔平,稲垣瑞穂,山田佳太,鈴木徹,松田幹,高橋毅,杉山誠,中込とよ子,中込治,矢部富雄,金丸義敬:牛乳由来タンパク質ラクトフォリンの感染阻害作用に関する研究,日本農芸化学会中部支部第168回例会,名古屋,2013年10月12日
  18. Tomio Yabe, Chihiro Itoh, Akari Honda, Manami Ishikawa, Aya Nakamura, Hirotaka Yamamoto, Takao Ikami, and Yoshihiro Kanamaru: A specific structure in the pectin from prune recognizes fibronectin and affects on the expression level of polyamines in Caco-2 cells., EPNOE 2013 International Polysaccharide Conference, Nice, France, October 24, 2013.
  19. Mizuho Inagaki, Yoshitaka Nakamura, Takeshi Takahashi, Tomio Yabe, Tohru Suzuki, Toyoko Nakagomi, Osamu Nakagomi, Yoshihiro Kanamaru: The utilization of concentrated sweet whey against human intestinal gastroenteritis, IDF World Dairy Summit 2013, Yokohama, October 28-November 1, 2013.
  20. 稲垣瑞穂,大野翔平,小林純子,高橋毅,杉山誠,金丸義敬,中込とよ子,中込治,鈴木徹:牛乳ラクトフォリンによるロタウイルス非構造タンパク質NSP4遺伝子の転写抑制,第61回日本ウイルス学会学術集会,神戸,2013年11月10日
  21. 大島和也,松岡拓磨,川島拓司,中村正,金丸義敬,矢部富雄:ローヤルゼリー由来タンパク質中の酸化型トリプトファンの生理機能,平成25年度日本食品工学会中部支部大会,津,2013年11月16日,講演要旨集p.17【「優秀賞」受賞】
  22. 日野真吾,最多裕善,寺崎史高,矢部富雄,森田達也:ペクチンのムチン分泌促進作用とその活性部位同定の試み,日本食物繊維学会第18回学術集会,越前,2013年11月24日
  23. 纐纈洋平,松下裕昭,古林万木夫,北口公司,金丸義敬,矢部富雄:フィブロネクチンが大豆ペクチンを認識する機構の解析,日本食物繊維学会第18回学術集会,越前,2013年11月24日
  24. 伊藤千弘,石川愛美,北口公司,金丸義敬,森雄一郎,山元宏貴,伊神孝生,矢部富雄:食物繊維摂取による小腸絨毛の形態変化機構の解明,日本食物繊維学会第18回学術集会,越前,2013年11月24日【「発表賞」受賞】

招待講演

  1. 矢部富雄:腸管由来タンパク質によるペクチンの構造特異的認識作用,第67回日本栄養・食糧学会大会(シンポジウム「ルミナコイド研究–マクロからミクロへ−」),名古屋大学,名古屋,2013年5月26日

特許

  1. 矢部富雄:Sugar chain detection method using photocrosslinking agent and molecular probe,【国際公開番号】WO2013/035727,平成25年3月14日
  2. 矢部富雄:光架橋剤と分子プローブを用いた糖鎖の検出方法,【PCT国内移行】特願2013-532621,平成25年9月10日

社会活動

  1. 【出前講義】矢部富雄:愛知県立豊橋東高等学校,甘くない糖のはなし,豊橋,2013年10月29日
  2. 【学部紹介】矢部富雄:愛知県立安城農林高等学校,安城,2013年3月7日
  3. 【学部紹介】矢部富雄:名古屋大学附属高等学校,名古屋,2013年5月30日
  4. 【学部紹介】矢部富雄:岐阜県立大垣東高等学校,大垣,2013年6月6日
  5. 【市民講座】矢部富雄:平成24年度岐阜フィールド科学教育研究センター公開講座・食と緑と命の学校(JAぎふ女性部・岐阜大学共催),乳製品の知恵としくみ,岐阜大学,岐阜,2013年1月29日
  6. 【市民講座】矢部富雄:岐阜大学公開講座:食べられる生命−肉と卵と牛乳の科学と実際−,岐阜フィールド科学教育研究センター,岐阜大学,岐阜,2013年10月26日
Copyright © 食成分機能化学研究グループ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.