2007-2009

2009年

原著論文

  1. Murai, A., Furuse, M., Kitaguchi, K., Kusumoto, K., Nakanishi, Y., Kobayashi, M. and Horio, F.: Characterization of critical factors influencing gene expression of two types of fatty acid binding proteins (L-FABP and Lb-FABP) in the liver of birds.
Comp. Biochem. Physiol. Part A, 154, 216-223, 2009.
  2. Bae, H.-D., Kitaguchi, K., Horio, F. and Murai, A.: Higher incorporation of heterologous chicken immunoglobulin Y compared with homologous quail immunoglobulin Y into egg yolks of Japanise quail (Coturnix japonica).
 Poult. Sci., 88, 1703-1711, 2009.

著書

  1. Tomio Yabe and Nobuaki Maeda: Heparan sulfate D-glucosaminyl 3-O-sulfotransferases., In “Glycobiology Research Trends”, eds. George Powell and Olivier McCabe, NOVA Science Publishers, New York, USA, pp.109-126, 2009.

学会発表

  1. Tomio Yabe, Ritsuko Hosoda-Yabe, Yoshihiro Kanamaru, and Makoto Kiso: A novel heparin-associated peptide as a visualizing probe., 2009 Annual Meeting of the Society for Glycobiology, San Diego, California, USA, November 12-15, 2009, Abstracts p.1342-1343 (Glycobiology, Vol.19(11), 1342-1343, 2009)
  2. 稲垣瑞穂,鈴木徹,矢部富雄,野原大輔,中家修一,高橋毅,松田幹,中込治,中込とよ子,金丸義敬:牛乳ラクトフォリンが示すヒトロタウイルス感染阻害活性の分子基盤 -糖鎖と活性の相関-,第57回日本ウイルス学会学術集会,東京,2009年10月26日,抄録集p.139
  3. 稲垣瑞穂,鈴木徹,矢部富雄,野原大輔,中家修一,高橋毅,松田幹,中込治,中込とよ子,金丸義敬:牛乳ラクトフォリンの示すヒトロタウイルス感染阻害活性における糖鎖の関与,糖鎖科学名古屋拠点・第7回「若手の力」フォーラム,名古屋,2009年9月30日,要旨集p.16
  4. 稲垣瑞穂,鈴木徹,矢部富雄,野原大輔,中家修一,高橋毅,松田幹,中込治,中込とよ子,金丸義敬:牛乳ラクトフォリンの示すヒトロタウイルス感染阻害活性における糖鎖の関与,糖鎖科学名古屋拠点・第7回「若手の力」フォーラム,名古屋,2009年9月30日,要旨集p.16
  5. 永見圭太郎,西田光貴,矢部(細田)律子,金丸義敬,矢部富雄:生理活性物質によるヘパラン硫酸糖鎖構造変化の影響,糖鎖科学名古屋拠点・第7回「若手の力」フォーラム,名古屋,2009年9月30日
  6. 中村綾,富田恭子,金丸義敬,加藤宏治,山元宏貴,伊神孝生,矢部富雄:ペクチンが小腸上皮細胞の形態変化を誘導する可能性の検討,日本応用糖質科学会平成21年度大会(第58回),弘前,2009年9月16日,講演要旨集p.54(J. Appl. Glycosci., 56, Suppl., 54, 2009)
  7. 稲垣瑞穂,矢部富雄,長岡利,高橋毅,松田幹,中込治,中込とよ子,金丸義敬:牛乳ラクトフォリンの示すヒトロタウイルス感染阻害活性におけるN型糖鎖の関与,第29回日本糖質学会年会,高山,2009年9月10日,要旨集p.147
  8. 深谷真一,篠田知里,清水稔仁,矢部富雄,金丸義敬:モノクローナル抗体1CF11が認識する人乳ラクトフェリン糖鎖エピトープの特性,第29回日本糖質学会年会,高山,2009年9月10日,要旨集p.136
  9. 永見圭太郎,西田光貴,坂本京穂,矢部(細田)律子,金丸義敬,矢部富雄:生理活性物質によるヘパラン硫酸糖鎖構造変化の影響,第29回日本糖質学会年会,高山,2009年9月10日,要旨集p.127
  10. シジル,稲垣瑞穂,山本真弓,長岡利,矢部富雄,高橋毅,松田幹,金丸義敬:ヒトロタウイルス感染阻害活性を持つ人乳乳清糖タンパク質,平成21年度日本酪農科学シンポジウム,諏訪,2009年8月28日,ミルクサイエンス,Vol.58,p.90,2009
  11. 稲垣瑞穂,矢部富雄,長岡利,高橋毅,松田幹,中込治,中込とよ子,金丸義敬:牛乳ラクトフォリンの示すヒトロタウイルス感染阻害活性における糖鎖の関与,平成21年度日本酪農科学シンポジウム,諏訪,2009年8月28日,ミルクサイエンス,Vol.58,p.90,2009
  12. ツェーラン・ジョマ,山本真弓,稲垣瑞穂,シジル,内田健志,山下耕作,齋藤正一郎,矢部富雄,金丸義敬:腸損傷モデルにおける小腸組織に及ぼすウシの後期初乳の影響,平成21年度日本酪農科学シンポジウム,諏訪,2009年8月28日,ミルクサイエンス,Vol.58,p.90,2009
  13. 稲垣瑞穂,矢部富雄,長岡利,高橋毅,松田幹,中込治,中込とよ子,金丸義敬:ヒトロタウイルス感染阻害を示す牛乳ラクトフォリン分子の特性,日本食品免疫学会設立5周年記念学術大会,東京,2009年5月26日,要旨集p.64
  14. 矢部富雄,矢部(細田)律子,金丸義敬,木曽真:ファージディスプレイ法を用いたヘパリン糖鎖ン特異的結合ペプチドの探索,日本ケミカルバイオロジー学会第4回年会,神戸,2009年5月19日,要旨集p.69
  15. 永見圭太郎,西田光貴,坂本京穂,矢部律子,金丸義敬,矢部富雄:生理活性物質–ヘパラン硫酸糖鎖間の相関関係の解析,日本農芸化学会2009年度大会,福岡,2009年3月29日,要旨集p.321
  16. 福岡万佑子,長岡利,矢部富雄,金丸義敬:分子構造の変化による牛乳乳清タンパク質の培養腸細胞の増殖制御,日本農芸化学会2009年度大会,福岡,2009年3月28日,要旨集p.58
  17. 西坂裕介,柴橋知明,松岡拓磨,加島優里,渡邉鈴代,川島拓司,中村正,三島智之,矢部富雄,金丸義敬:培養細胞のウイルス感染に及ぼすローヤルゼリー由来ペプチドの影響,日本農芸化学会2009年度大会,福岡,2009年3月29日,要旨集p.220
  18. 希吉爾,稲垣瑞穂,山本真弓,矢部富雄,長岡利,高橋毅,松田幹,金丸義敬:ヒトロタウイルス感染阻害活性を示す人乳乳清糖タンパク質,日本農芸化学会2009年度大会,福岡,2009年3月29日,要旨集p.220
  19. 柴橋知明,西坂裕介,松岡拓磨,加島優里,渡邉鈴代,川島拓司,中村正,三島智之,矢部富雄,金丸義敬:腸由来培養細胞の増殖に与えるローヤルゼリー由来ペプチドの影響,日本農芸化学会2009年度大会,福岡,2009年3月29日,要旨集p.220
  20. 稲垣瑞穂,希吉爾,山本真弓,矢部富雄,長岡利,高橋毅,松田幹,中込治,中込とよ子,金丸義敬:牛乳ラクトフォリン28K及び18Kの単離とそれらのヒトロタウイルス感染阻害活性,日本農芸化学会2009年度大会,福岡,2009年3月29日,要旨集p.220
  21. 山本真弓,Cairangzhuoma,稲垣瑞穂,希吉爾,内田健志,山下耕作,齋藤正一郎,矢部富雄,金丸義敬:ラット培養腸細胞及びマウス小腸上皮組織に及ぼすウシの後期初乳の影響,日本農芸化学会2009年度大会,福岡,2009年3月29日,要旨集p.220
  22. 野村瞳,矢澤康介,加藤宏治,金丸義敬,矢部富雄:ゴマ種子由来微量オリゴ糖の探索,第57回日本応用糖質科学会中部支部講演会,名古屋,2009年1月30日,要旨集p.1

特許

  1. 矢部富雄:グリコサミノグリカンの検出法及びそのための分子プローブ,【出願番号】特願2009-243995,平成21年10月23日

2008年

原著論文

  1. Yoshikawa, T., Kato, Y., Yuki, N., Yabe, T., Ishida, H., and Kiso, M.: A highly efficient construction of GM1 epitope tetrasaccharide and its conjugation with KLH.  Glycoconj. J., 25, 545-553, 2008.
  2. Ogiso, Y., Hosoda-Yabe, R., Kawamoto, Y., Kawamoto, T., Kato, K., and Yabe, T.: An antioxidant of a dried chili pepper maintains its activity through ripening process for 18 months.  Biosci. Biotechnol. Biochem., 72 (12), 3297-3300, 2008.
  3. Kitaguchi, K., Minoura, M., Noritake, M., Mizutani, M., Kinoshita, K., Horio, F. and Murai A.: Determination of immunoglobulin Y concentration in yolk extract prepared by water dilution method: comparisons among three strains of chickens.
 J. Poult. Sci., 45, 82-87, 2008.
  4. Kitaguchi, K., Osada, K., Horio, F. and Murai, A.: Exclusion of polymeric immunoglobulins and selective immunoglobulin Y transport that recognizes its Fc region in avian ovarian follicles.
 Vet. Immunol. Immunopathol., 121, 290-299, 2008.

学会発表

  1. 矢部富雄,矢部(細田)律子,稲垣瑞穂,シジル,山本真弓,金丸義敬,木曽真:ヘパリン糖鎖を構造特異的に認識する新規ペプチド,第81回日本生化学会大会・第31回日本分子生物学会年会合同大会(BMB2008),神戸,2008年12月9日,講演要旨集p.171
  2. 永見圭太郎,西田光貴,金丸義敬,矢部富雄:機能性物質とヘパラン硫酸糖鎖の相関関係についての解析,日本農芸化学会中部支部第154回例会若手シンポジウム,岐阜大学,岐阜,2008年11月29日,要旨集p.10
  3. 矢部富雄:機能性食品成分を見分ける糖鎖の利用法,日本農芸化学会中部支部第154回例会若手シンポジウム,岐阜大学,岐阜,2008年11月29日,要旨集p.7
  4. Tomio Yabe, Ritsuko Hosoda-Yabe, Yoshihiro Kanamaru, and Makoto Kiso: A novel heparin-associated peptide identified through phage display technique., 2008 Annual Meeting of the Society for Glycobiology, Fort Worth, Texas, USA, November 12-15, 2008, Abstracts p.994 (Glycobiology, Vol.18(11), 994, 2008)
  5. 中村綾,水川ひとみ,原ゆかり,金丸義敬,加藤宏治,山元宏貴,伊神孝生,矢部富雄:プルーン由来ペクチンの構造解析,日本応用糖質科学会平成20年度大会(第57回),沖縄,2008年9月18日,講演要旨集p.36(J. Appl. Glycosci., 55, Suppl., 36, 2008)
  6. 矢部富雄,矢部(細田)律子,金丸義敬,石田秀治,木曽真:抗凝固活性を有するヘパリン糖鎖に結合する新規ペプチドの探索,第28回日本糖質学会年会,つくば,2008年8月19日,要旨集p.79
  7. 稲垣瑞穂,矢部富雄,長岡利,高橋毅,中込治,中込とよ子,金丸義敬:牛乳ラクトフォリンの示すヒトロタウイルス感染阻害活性における糖鎖の関与,第72回日本生化学会中部支部例会,岐阜,2008年5月24日,抄録集:52.
  8. 山本真弓,稲垣瑞穂,希吉爾,内田健志,吉岡康子,山口博史,河崎美保子,矢部富雄,長岡利,金丸義敬:乳飲みマウスのロタウィルス感染モデルを用いたウシの後期初乳(分娩後6,7日目初乳)の感染予防効果の検討,日本畜産学会第109回大会,水戸,2008年3月29日,大会講演要旨集p.61
  9. 希吉爾,稲垣瑞穂,山本真弓,長岡利,矢部富雄,高橋毅,松田幹,金丸義敬:ヒトロタウイルス感染阻害機能を持つ人乳乳清低分子量タンパク質,日本農芸化学会2008年度大会,名古屋,2008年3月28日,大会講演要旨集p.277
  10. 稲垣瑞穂,矢部富雄,長岡利,高橋毅,中込治,中込とよ子,金丸義敬:牛乳ラクトフォリンのヒトロタウイルス感染阻害作用の分子基盤,日本農芸化学会2008年度大会,名古屋,2008年3月28日,大会講演要旨集p.277
  11. 青木紀子,金丸義敬,加藤宏治,小泉一愉,稲熊隆博,矢部富雄:プチヴェール(アブラナ科)成分のコラーゲン産生作用,日本農芸化学会2008年度大会,名古屋,2008年3月28日,大会講演要旨集p.284
  12. 福岡万佑子,大橋清美,長岡利,矢部富雄,金丸義敬:分子形態に基づく牛乳乳清タンパク質の培養腸細胞増殖制御,日本農芸化学会2008年度大会,名古屋,2008年3月28日,大会講演要旨集p.279
  13. 篠田知里,東久美子,深谷真一,矢部富雄,金丸義敬:モノクローナル抗体1CF11の反応性に基づく人乳ラクトフェリン糖鎖の解析,日本農芸化学会2008年度大会,名古屋,2008年3月28日,大会講演要旨集p.280
  14. 中村綾,水川ひとみ,原ゆかり,金丸義敬,加藤宏治,山元宏貴,伊神孝生,矢部富雄:プルーン由来ペクチンに関する研究,第56回日本応用糖質科学会中部支部講演会,名古屋,2008年2月8日,講演要旨集p.2

2007年

原著論文

  1. Takenaka, N., Iwamoto, S., Yabe, T., Yamauchi, R., Ogata, K., and Kato, K.: Microscoic observation and characterization of the oil bridge between dehulled-roasted sesame seeds.  J. Collids. Surfaces B., 55, 131-137, 2007.
  2. Lawrence, R., Yabe, T., HajMohammadi, S., Rhodes, J., McNeely, M., Liu, J., Lamperti, E. D., Toselli, P. A., Lech, M., Spear, P. G., Rosenberg, R. D., and Shworak, N. W.: The principal neuronal gD-type 3-O-sulfotransferases and their products in central and peripheral nervous system tissues.  Matrix Biol., 26, 442-455, 2007.

著書

  1. Tomio Yabe: Heparan sulfate sulfotransferases., In “Neural proteoglycans”, ed. Nobuaki Maeda, Research Signpost, Kerala, India, pp.85-101, 2007.

学会発表

  1. 矢部富雄:生理活性物質評価のための糖鎖を利用した新規アッセイ系の開発,平成19年度日本食品科学工学会中部支部大会,中部大学,春日井,2007年11月10日,要旨集p.5-6
  2. 長谷川義洋,田村孝志,矢部富雄,鳥巣至道,鷲巣誠,加藤宏治:低温細粒粉化技術の確立と加工食品の構築について,平成19年度日本食品科学工学会中部支部大会,春日井,2007年11月10日,要旨集p.11
  3. 青木紀子,金丸義敬,加藤宏治,小泉一愉,稲熊隆博,矢部富雄:線維芽細胞を用いたプチヴェール(アブラナ科)の食品機能性評価,平成19年度日本食品科学工学会中部支部大会,春日井,2007年11月10日,要旨集p.15
  4. 竹中那嘉子,岩本悟志,矢部富雄,山内亮,小縣憲司,冨田博之,加藤宏治:画像解析を用いた皮むき煎りゴマの付着性の評価,第22回日本ゴマ科学会大会,東京,2007年10月13日,セサミニュースレター,No.21,p.13-14,2007
  5. 矢部富雄:糖は健康の敵?味方?,応用生物科学部平成19年度第2回シンポジウム「生活と健康を支える」,岐阜大学,岐阜,2007年10月3日,記録集p.18.
  6. 山本真弓,稲垣瑞穂,希吉爾,内田健志,吉岡康子,山口博史,河崎美保子,矢部富雄,長岡利,金丸義敬:ウシの後期初乳(分娩後6,7日目初乳)のヒトロタウイルス感染阻害活性,第108回岡山大会日本畜産学会,岡山,2007年9月27日,要旨集p.75
  7. 大橋清美,野原翠,小林ちひろ,福岡万佑子,矢部富雄,長岡利,金丸義敬:牛乳乳清主要タンパク質による培養腸細胞の増殖制御機構の解析,平成19年度日本酪農科学シンポジウム,岐阜,2007年8月24日,ミルクサイエンス,Vol.56,p.71,2007.
  8. Takeru Yoshikawa, Nobuaki Yuki, Tomio Yabe, Hideharu Ishida, Makoto Kiso: A synthesis of GM1 epitope-KLH conjugate for elucidation of the pathogenic mechanism of the Guillan-Barre Syndrome., GLYCO 19 XIX International Symposium on Glycoconjugate, Cairns, Australia, July 16, 2007, ABSTRACTS p.403(Glycoconjugate J., Vol.24 (Issu 6/7, October), p.403, 2007).
  9. 青木紀子,矢部富雄,小泉一愉,稲熊隆博,加藤宏治:線維芽細胞を用いたプチヴェール(アブラナ科)の食品機能性評価,日本農芸化学会2007年度大会,東京,2007年3月26日,要旨集p.267
  10. 竹中那嘉子,岩本悟志,矢部富雄,山内亮,小縣憲司,加藤宏治:共焦点レーザー顕微鏡による皮むき煎りゴマの付着部位の観察,日本農芸化学会2007年度大会,東京,2007年3月26日,要旨集p.290
  11. 横内千穂,竹中那嘉子,矢部富雄,加藤宏治:ゴマ種皮の冷水・熱水抽出多糖に関する研究,第55回日本応用糖質科学会中部支部講演会,名古屋,2007年2月2日,講演要旨集p.2
Copyright © 食成分機能化学研究グループ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.